中部眼科の魅力

中部眼科の魅力が分かる3つのPOINT

POINT① 交換ノート制度

入職後3ヶ月間は、新入職員一人一人に先輩職員が指導員として担当します。指導員と一緒に仕事をするだけでなく、交換日記形式で、ノートに毎日の業務内容や感想などを書いてもらいます。日々の業務でわからないことがないか先輩が毎日確認しサポートします。

POINT② 院内勉強会

院内で勉強会が定期的に開催されています。医療機器、マナー講習、高齢者疑似体験など、内容はさまざまです。外部の講習会や学会に参加する機会もあります。

POINT③ 職員による各種委員会

院内感染・医療機器・広報・美化・風紀などがあります。各部署から集まったメンバーで協力しながら活動し、月に一度の院内会議で活動内容を発表しています。

先輩達の声

中部眼科を選んだ理由は?
眼科と聞いたら小さい個人診療所が思い浮かびますが、中部眼科は入院施設もあるとても大きな眼科で、患者さまのことを第一に考えた施設です。そのような所で働くことに魅力を感じたので、当院を選びました。
仕事をする上で大変なこと、嬉しかったことは?
混み合う時間帯に患者様へ診療までの待ち時間の説明をしたり、診察中に医師が患者さまに話している事を理解し、素早く対応することが難しく大変でした。今では、一つ一つの仕事の内容がわかり、自分でできるようになってきた事が嬉しいです。
中部眼科での今後の目標は?
医師だけでなく事務員・検査員・看護師・看護助手と多くの職種の人が働く職場なので、それぞれの連携をスムーズにできるように、多岐に渡る気配りをしていき、自分にできることを見つけて積極的に行動して協力していきます。
学生の皆さんへのメッセージは?
学生時代に、言葉使いや敬語をしっかり身につける方がいいと思います。当たり前のことですが、社会人になったら仕事とプライベートを切り替えることや、健康管理などの自己管理が大切です。

採用のご案内カテゴリ