院長紹介

ごあいさつ

院長 山﨑 眞吾

中部眼科は2005年3月3日、ここ三重県桑名市に開設して以来、地域のみなさまに支えられ、また多くの患者様に信頼・ご支持をいただき、今を迎えることができました。

私たちは開設当初より、日々めざましく進歩をとげている眼科医療の成果を可能な限り眼病に悩まれている患者様に還元していくために、最新設備の導入はもとより、医療技術やサービスの向上など、あらゆる側面において常に向上心を持ち、最新の医療を提供できるよう、スタッフ一同心がけて参りました。

そして、2017年7月職員研修施設ウェルカムセンターを開設。2018年3月医療法人社団 中部眼科として認可されました。患者さまの安心と笑顔のために、開設当初の初心を決して忘れることなく、今後もさらなる飛躍、次なるステップに向かって走り続けていく所存です。

私たちが目指すのは、患者さんの立場に立った眼科医療。これからも患者様のことを第一に考えた究極のホスピタリティ、優しい医療を提供していきたいと考えています。

略歴

平成6年3月 藤田保健衛生大学医学部 卒業
平成9年4月 桑名市民病院 眼科長
平成17年1月 医療法人山﨑眼科 副院長
平成17年3月 中部眼科 開設
平成29年7月 ウェルカムセンター 開設
平成30年3月 医療法人社団 中部眼科に医療法人化

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会
  • 大阪府眼科医会B会員
  • 大阪府豊中医師会B会員
  • 三重県眼科医会A会員
  • 三重県医師会A会員

中部眼科についてカテゴリ