小児弱視・斜視の患者様へ

小児用メガネのご購入について

子どもは大人に比べ活発で日常生活の中でもよく動きます。そのため小児用メガネは激しい動きに対しても機能性を損なわず、 壊れにくいフレームを選ぶことが重要です。また万一メガネが破損した場合にもパーツの取り寄せや修理が可能なフレームを選ぶことが必要となります。 中部コンタクトレンズケアでは幼児用・小学生用など幅広くフレームを取りそろえております。 またメガネホルダーやシリコンパッドなどメガネずれ防止のためのグッズを無料でお渡ししております。

小児メガネイメージ

療養費の支給について

平成18年4月1日より、小児弱視などの治療用メガネが保険適用の対象となります。 ご不明な点がございましたら、中部コンタクトレンズケアまでお気軽にお問い合わせください。

給付対象疾患

弱視・斜視・先天白内障術後の屈折矯正の治療用メガネとコンタクトレンズ

対象年齢

9歳未満の小児

給付上限金額

弱視メガネ

  1. 掛けメガネ式……36,700円

コンタクトレンズ

  1. レンズ一枚………15,400円

※価格の100分の103を上限とします。
※上記の金額は上限額となります。ご購入されたメガネの7割が支給されます。

支給例1 20,000円のメガネを購入された場合
20,000円×0.7=14,000円の支給
支給例2 50,000円の眼鏡を購入された場合
37,801円(支給上限額36,700×1.03)×0.7=26,460円の支給

メガネの更新条件

  1. 5歳未満は給付から1年以上経過していること
  2. 5歳以上は給付から2年以上経過していること

給付対象外の商品

アイパッチおよびフレネル膜プリズムは対象となりません。

支給申請に必要な書類

  1. 保険医による治療用メガネの作成指示書の写し
  2. 作成したメガネおよびコンタクトレンズの領収書

申請の手順

申請につきましては以下の手順となっておりますが、中部コンタクトレンズケアでは申請までのサポートをおこなっております。お気軽にご相談ください。

  • 担当医師に申請に必要な書類を発行してもらいます。
  • 処方箋をご持参の上、指定眼鏡店で治療用メガネなどを作成して代金をお支払いいただき、領収書の発行をお受けください。
  • 患者様は処方箋と領収書をご持参の上、下記へご提出ください。(処方箋や領収書以外の書類を取扱官庁などが要求する場合もございます)
  • 患者様の健康保険証が下記のどの種類なのかご確認の上、取扱官庁などへご提出ください。

※指定眼鏡店とは治療用メガネなどの製作所であり、薬事法第12条第1項に規定する高度管理医療用機器または一般医療用機器の製造または販売について厚生労働大臣の許可を受けているところとなります。

申請の手順

健康保険の名称 取扱官庁等 内容等
政府管掌健康保険 社会保険事務所 一般には「社会保険」と呼ばれます。小規模の会社・工場などにつとめる人を対象とした保険です。取り扱いの窓口は各地にある社会保険事務所が行います。
船員保険 社会保険事務所 船に乗っている人を対象とした保険です。
日雇健康保険 社会保険事務所 日々雇用される方を対象とした健康保険です。
共済組合 各共済組合 国や地方自治隊・学校・警察に勤務している方が対象
組合管掌健康保険 各健康保険組合 従業員500人以上の職場が対象となり、独自の組合を作ります。JR・NTT・日本たばこ産業のこれまで共済組合だった3者も組合健保に変わりました。
自衛官 自衛隊 自衛官(制服組が対象で、事務等で勤務する方は共済組合員)「家族」はありません。
国民健康保険 各市町村 原則は勤務していない人を対象としています、負担割合は市町村の財政事情により変わります。
国民健康保険組合 各保険組合 医者・薬剤師・税理士等の同じ職業を持つ方が集まって健康保険組合を作る場合

ページトップへページトップに戻る

メインメニュー
  1. 診療のご案内
  2. 入院のご案内
  3. 交通アクセス
トップページへ戻る
  1. トップページ

眼の病気について

エリアメニュー
  1. 視覚障害の患者様へ
お知らせメニュー
  1. ドクターリクルート情報
  2. メディカルスタッフリクルート情報
  3. 無料送迎サービス
ご案内地図