新着情報&コラム

高齢者疑似体験講習会をおこないました

2009年11月6日医局秘書より

11月4日(火)にスタッフ全員で高齢者疑似体験の講習会を受けました。

高齢者の方は身体機能が低下するため、日常の行動が困難になります。
実技では、さまざまな道具を身につけ、高齢者の方に近い状態になりました。

まずは白内障の方の視野を体験するため、曇りガラスのメガネやゴーグルを着用します。二重にしたゴム手袋を両手にはめ、足には重りを着け、タオルを手足の関節に巻いたので、手足は思うように動きません。最後にヘッドホンや耳栓で、声を聞こえにくくしました。

そして院内で会話や階段の上り下りといった、日常体験をしてみました。
さらに目薬を挿す、問診票の記入、会計での支払いといった、患者さまの立場での疑似体験をおこないました。
私たちが何気なくしている行動も、高齢者の方にとっては、時間がかかったり、危険を伴うことを実感しました。

今後は、この体験を生かした、より良い眼科医療・サービスを目指していきたいと思います。

拡大
段差がわかりにくいので、上り下りも危険です

拡大
なかなか目薬を取り出せません

拡大
財布からお金を出すのも、一苦労…

ページトップへページトップに戻る

メインメニュー
  1. 診療のご案内
  2. 入院のご案内
  3. 交通アクセス
トップページへ戻る
  1. トップページ
お知らせメニュー
  1. ドクターリクルート情報
  2. メディカルスタッフリクルート情報
  3. 無料送迎サービス
ご案内地図