眼内レンズとは

眼内レンズは半永久的に使用できます

眼内レンズは手術で取り除いた水晶体の代わりに、ピントを合わせる働きをするレンズです。水晶体がもともとあった位置に挿入するため、異物感はなく取り外しをする必要性もございません。一度挿入すれば、半永久的に使用することができます。

フォールダブルレンズ(折りたたみレンズ)とは

アクリルでできた眼内レンズは柔軟性があり、折りたたんでも元に戻る性質があります。このためレンズを折り曲げて小さな傷口から眼内に挿入することが可能です。
傷口が小さいと、手術による乱視が出にくい、傷が治りやすい、ばい菌などに感染しにくい等のメリットがあります。
また、アクリル以前に開発されていたシリコンレンズより、術後の後発白内障(術後しばらくしてレンズを入れている眼が濁る現象)が少ないほか、糖尿病などの基礎疾患がある方にも使いやすくなり、最近の眼内レンズの主流となっております。
当院でも全例アクリルレンズを使用いたしております。

当院で使用する眼内レンズの種類

SA6AT3/SA6AT4/SA6AT5:アクリソフ IQ トーリック シングルピース(日本アルコン株式会社)

より確かな乱視軽減のためには、術後の眼内レンズ軸ローテーションが最小限である必要があります。この眼内レンズは、水晶体嚢内での安定性に優れ、ローテーションを最小限に抑え正確な乱視軽減をもたらします。また、極小切開イントレピットシステムとの組み合わせは、惹起乱視を最小限に抑え、術後乱視の予測精度を高めます。

光学部・支持部材質 紫外線・青色光吸収剤含有軟性アクリル樹脂 屈折率 1.55
(37℃、550.00nm時の測定値)
球面収差 -0.2μm(アクリソフIQと同じ) 支持部の角度 0°(STABLEFORCE™)
A定数 119.0 度数範囲 +6.0D 〜 +30.0D
(0.5Dステップ)
対応カートリッジ Bカートリッジ
Cカートリッジ(〜27.0Dまでに限る)
Dカートリッジ(〜25.0Dまでに限る)
医療機器承認番号 22000BZX01199000

YA-VA60BBR:アクリフォールド(HOYA株式会社)

HOYA社は、以前はVA60CAという折り畳み式のアクリルレンズがありましたが、VA60BBは、レンズを支える支持部がよりしなやかになり、眼内への挿入がしやすくなっています。 また支持部が青色になったことにより、視認性もアップし、術中合併症を起きにくくしています。

光学部直径 6.0mm 全長 12.5mm
ループ材質 PMMA 光学部形状 前面凸
エッジ ステップエッジ パワー範囲 +4.0D 〜 +40.0D
挿入方法 鑷子 角膜切開創 4.1mm

白内障の診療カテゴリ